裁判所が間に入る

母が遺したもの > おすすめ > 裁判所が間に入る

裁判所が間に入る

特定調停という方法も任意整理による手続きと同じく、貸方に対して返金を続けていくことを選ぶ債務整理の方法になります。

 

わかりやすくいうなら裁判所が間に入る任意整理ということができます。

 

この特定調停という方法も任意整理による手続きとほぼ同じく、自己破産手続きと違い一部の借金のみを処理していくことになるので、他の連帯保証人が付く借金を除き手続きしていく場合や住宅ローンの分以外だけを手続きしたい際などでも検討することが可能になりますし、全ての資産を処分してしまうことは必要とされていないのでマイカーや不動産などの自分名義の財産を所有しているものの、手放してしまいたくない状況でも活用可能な債務整理の方法といえるでしょう。

 

ただ、手続き後の返済額と実際として可能な所得を比較検討しておおむね完済が見通せるようなら特定調停による処理を進めることに問題ありませんが破産申告とは違って負債自体が消えてしまうということではないため元金の金額がかなりあるような場合は、現実問題として手続きを踏むのは困難であると判断することになるでしょう。

 

この特定調停は裁判所という機関が間に入ってくるので弁護士等に見てもらわなくても立場が弱くなってしまう心配がないという点や解決のための諸費用を圧縮できるという益は魅力的ですが債権者からの督促に対して債務者自身が処理していくことになることに加え、所定の裁判所に何度か行く必要があるという要素もあります。

 

それから、任意整理による手続きとの比較になりますがこの方法で同意が得られないような場合は求められている利息をそのままの計画で払っていくことになるという点やあとから見れば貸し手に対して返していく金額が任意整理よりも増えてしまうことが多い等の注意点もあります。

 



関連記事

  1. フラッシュモブプロポーズをやる事
  2. 大きいケース
  3. 裁判所が間に入る
  4. 知っておきたいフラッシュモブ代行会社の事
  5. 複数のローンで困ってしまう前に
  6. 外から見ると
  7. テスト